宝石珊瑚のメッカ、高知県より上質の珊瑚加工製品を格安価格で製造元直送いたします。
TEL:088-856-1787お問い合わせ
カートを見る
月替わり!お買い得品は、こちら
珊瑚工房花虫八放 > 用語集 > 桃色珊瑚とは

「桃色珊瑚とは」とは?

桃色珊瑚(桃珊瑚)とは宝石珊瑚の中でも群体は極めて大きく生育するもので、色合いは薄いピンクから濃い柿色になります。特徴は血赤珊瑚と同じく骨格の中心に白いフと呼ばれる骨軸があります。
生育する場所も比較的広い範囲に生息しており、フィリピン、南シナ海、台湾近海、沖縄近海、五島列島から長崎、奄美群島近海、土佐湾、八丈島、小笠原諸島沖などの推進200mぐらいの海底に分布しています。
大きさは大きいもので高さ1.5m、太さは根元の直径で15cm以上のものがあり、これまでの最高では40㎏を超す個体が採取されています。
オレンジ色と白色という特徴から珊瑚の彫刻に適したものであり、陰影をはっきりさせたい細かな作品には調度いい珊瑚です。

本場高知より、珊瑚加工商品を格安でお届け。詳細